So-net無料ブログ作成

『“関西弁”の数学の教科書』…コリャー一読の価値有りだぁ。(^◇^) [理系っぽいお話]

数学や物理、

はたまた、経済・社会学等で、

数学的手法を用いようとする時、

ちょいちょい顔を出すのが、

ベクトル・行列を題材にしている、

『線形代数学』ですよね。[わーい(嬉しい顔)]

式だけ眺めていると、[目]

何だかわけがわからないことをしているなぁと、

感じる方も多くいらっしゃると思いますが、

実は、面倒くさがりの精神で見ていくと、

共感を覚える分野でもあります。[ぴかぴか(新しい)]

そんな『線形代数学』を、

ちょっと身近に感じられる本に、

笠原晧司先生の書かれた、

『新微分方程式対話』というのがあります。[るんるん]

この本、

おそらく後にも先にもない記述法をとる、

唯一の“数学の教科書”であろうと思われます。[わーい(嬉しい顔)]

何が唯一かというと、

“関西弁”の‘対話形式’を取っている点です。[ひらめき]

H25.8月12日漫才.jpg

数学の本を関西弁で書いてしまうという、

この発想、今どきの言い方で言うと、

「じぇ、じぇ、じぇ!」[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]

ってとこでしょうか。

まさに驚きの一冊に違いありません。[ぴかぴか(新しい)]

内容も、

非常に丁寧に書いていますので、

のんびり読むのもいいと思います。

この“関西弁”の“数学の本”、

皆さんもぜひご一読下さいませ。[わーい(嬉しい顔)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。